会社のロゴマークは大変重要です。

マーク一つが何百万円もするほどお金を出す貴重なモノです。会社を設立する時点で、ロゴマークは決められます。社名を考えれば、すぐにマークも決められるのです。その案を出すのは広告代理店だと言えます。その会社のイメージに合った文字でマークが作られます。名刺などにも記載されるので、1度決めれば中々変更はされません。見直されるのは、会社が大きく成長し、取り扱いの部門などの数が増えたとき等です。また創業何十周年を記念してあたらしくする等、滅多に変更される事は無いと言えます。会社にとっては顔であるからです。会社は知らなくてもロゴマークだけは見たことがあるというモノも結構有ります。グローバルな会社はそれなりにロゴを大切にします。基本的には堅いモノの方が長年使えると言えます。既存のモノよりも何処なにその会社だけのアイデンティティが入っているモノの方が好まれいます

会社のロゴを作成すると信用されやすい

形を整えることは大事です。中身が伴わないと意味が無いと、形の方は後回しにすることがあります。確かにそれは一理あると思いますが、形を整えることで、中身にも影響することがあります。形を整えるには、それなりいお金がかかることがあります。お金をかけて対応することから、信用を得られることがあるのです。どのようなことがそれに当たるのでしょう。会社においては、社名があれば良い、本社があれば良いと思います。それだけで活動はできます。名刺などの作成もできます。でも標準的なオーソドックスなものになります。ここに形として、ロゴを組み入れることにします。まだあまり知られていない小さいところでも、ロゴを入れるだけでしっかりしているように見えます。そのことから信用されやすくなります。その後に本当に信用を得るように活動をすることで、真の信用を得ることができます。

会社のロゴを作ると士気が高まる

ある商品を販売しています。競合するところには大手も入れば、自社同様の中小もあります。もちろん自社の商品がどこにもまけない自身があります。他の営業担当者お同じような意気込みで売り込みをするのでしょう。しかし、何故か大手が勝つことが多いです。大手のプレゼンを見ることがありますが、非常にうまいです。競合でありながら関心してしまうことがあります。おそらく社員の士気も高いのだと思います。商品に自信があるだけでなく、会社に対する自信もあるのでしょう。中小企業の場合、その士気の部分にかけるところがあります。中小だからしかたがないと思ってしまうです。そういったことを払拭しようと、ロゴの作成をすることにしました。社員全員で作成に取り組むことにより、更に士気が高められます。全員からの意見をまとめてそれぞデザイン会社に形にしてもらいます。社員がひとつになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*